2020年度 組織

常 隼人

専務理事

南條 範秀

会 長

北角 強

直前会長

南條 範秀

会 長

常 隼人

専務理事

北角 強

直前会長

加藤 秀継

筆頭副会長

橘内 英樹

常務理事

西岡 寛明

事務局
事務局長

荒武 宗行

渉外委員会
委員長

谷 友博

副会長

富山 源太郎

総務室
室長

大江 敏邦

総務委員会
委員長

合田 裕実

広報室
室長

安藤 勝範

広報委員会
委員長

西澤 真介

副会長

亀岡 健太郎

全国会長研修会室
室長

難波 泰明

ZKK準備委員会
委員長

松井 良介

副会長

板津 正明

会員室
室長

山下 裕

会員拡大親睦委員会
委員長

髙橋 浩明

会員研修委員会
委員長

長田 秀史

副会長

河本 賢一

交流室
室長

田中 丈浩

ビジネス交流委員会
委員長

樫 百合子

組織活性委員会
委員長

柿丸 裕

議 長

角 隆幸

未来提言会議
副議長

岩本 健

監 事

鎌田 貴好

監 事

坂槇 俊哉

監 事

堀田 逸平

監 事

茂木 一彦

顧 問

事務局

常務理事 橘内 英樹
事務局長 西岡 寛明

 近年の会員拡大に伴い、日本屈指の会員数となった北大阪YEGは各委員会の活動や事業も拡大しております。そのため本年度事務局では北大阪商工会議所事務局との連携をより深めて、効率的な事務局運営の遂行に努めてまいります。これまで5年間の事務局運営の歴史や伝統をもとに北大阪YEGのさまざまな活動や事業を側面からサポートし、より魅力ある組織へと発展していけるように活動してまいります。
 日本YEG屈指の会員数を誇る単会となった北大阪YEGにおいて、事務局は北大阪商工会議所事務局と各委員会を繋ぐ架け橋であります。温故知新の言葉通り、これまで5年間の事務局運営の歴史や伝統を踏襲し、新たな試みを加えた革新的な事務局運営をめざします。まず、北大阪YEGのさまざまな活動や事業を実施する各委員会をサポートすべく、名簿作成やAT・会計セミナーを実施し、その上で、組織体系を固めるために、公平明確かつ革新的なNDS(ニュードラフトシステム)を構築し、委員会配属および新入会員配属を実施します。また、メンバーより預かりました予算を正しく管理するため、各事業の会計監査にも注力します。そして、令和4年度全国会長研修会に向け、会員拡大を始め、現地視察への協力を推進してまいります。また、9月度例会では、枚方オクトーバーフェスト2020の盛況にひと花添えられる、開かれた万全な例会の実施を心掛けてまいります。12月に実施する北大阪商工会議所職員との交流事業においては、今後益々、親密な関係性を築き、積極的な交流を通じて、次年度に繋がる交流事業をおこないます。
 年間を通じ、各委員会や北大阪商工会議所事務局との連携を強化する事で、スムーズな事務局の運営が可能となり、これからの北大阪YEGの組織基盤の一つである事務局を確立・継続するよう取り組んでまいります。

〔事業計画〕
1.事務局との効率的かつ効果的な事務局運営の遂行
2.担当例会の企画および実施(9月)
3.名刺・名簿・新入会員追加名簿の作成
4.北大阪商工会議所職員との交流事業の企画および実施(12月)
5.委員会配属および新入会員配属の実施
6.AT・会計セミナーの企画および実施
7.財務運営および対外公開資料等の管理業務
8.各事業の会計監査
9.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(3名)
10.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
11.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力

渉外委員会

常務理事 橘内 英樹
委員長  荒武 宗行

 渉外委員会は対外機関との積極的な渉外交流活動を推進するために設けられた委員会です。他の単会や連合会をはじめとするさまざまな対外機関との交流活動を通じて北大阪YEGの活動や事業を外部に発信するとともに、対外機関の優れた活動や取組などの情報を我が単会へフィードバックし、次年度へと繋げることで、より魅力ある組織へと発展していけるように活動してまいります。
 令和4年度におこなわれる2大事業のひとつである40周年記念式典は、これまでにない盛大な記念式典にすべきだと考えます。その理由のひとつとして北大阪YEGは、全国でも2番目に大きな単会へとなり、他の単会・連合会からも注目される存在になったからです。当委員会として、まずは35周年の際に、検証された資料をもとに、40周年に向けての調査研究をおこない、記念式典概要の構築に取り組みます。他単会や関係機関とも積極的に交流し、友好関係の創造に努めることで、盛大な記念式典の実現に向けての地盤づくりをおこない、それらを次年度へと繋いでいきます。親睦旅行では新年度最初にメンバー同士が、より絆を深められる大切な機会です。YEG活動の原動力となるような親睦関係を築くことができる場を提供し、「次も参加しよう」と喜んでいただけるよう、企画・実施致します。そして、新春例会においても、北大阪YEGの希望溢れる新たな年の幕開けとなる内容でご来賓をお迎えして、北大阪YEGの魅力が感じられる設えを企画してまいります。新春を参加者全員でお祝いし、新年の船出になるよう全力で取り組みたいと思います。
 ~想像できる未来を超えよう~このスローガンのもと、本年度事業に臨み、委員会メンバーと共に考え、行動し、楽しみながら活動することで、北大阪YEGのこれまでにない成果に繋がり、自企業の発展、地域経済の発展に繋がると信じ、邁進してまいります。

〔事業計画〕
1.40周年記念式典開催に向けての調査研究
2.対外機関との折衝業務
3.親睦旅行の企画および実施(4月)
4.担当新春例会の企画および実施(1月)
5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
6.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
7.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力

総務室
総務委員会

室長 富山 源太郎
委員長 大江 敏邦

 総務委員会の主な役割は、各諸会議の運営を円滑におこない、そこで議論された情報を適切に管理し、必要に応じてYEGメンバーに正確に開示していくことが求められると考えます。これまでの諸先輩方が築き上げてこられたノウハウを継承し、各種ITツール(エンジェルタッチ・アジェンダシステムなど)を活用するとともに、基本的な役割を着実に遂行することが求められます。
 新年度の始まりともいえる定時総会は、本年度の組織運営の基礎となる重要な会議になります。北大阪YEGメンバーの皆様にとって権利を行使できる場であり、また会員としての義務を履行する場でもあります。日本YEG屈指の会員数である北大阪YEGメンバーの皆様にできるだけ多く参加していただくために、その意義を周知し、参加促進に努めます。また、これまでの課題であった欠席者への対応として、新たな取組み(動画配信など)を検討します。理事会等諸会議の運営にあたっては、事前の議案書等の書類の精査並びにアジェンダシステムの管理および運営を適切におこないます。会場変更に伴う、設備の充実化による新たな取組み(プロジェクターの活用など)を積極的におこない、より円滑な会議運営ができるように努めます。11月におこなわれる大阪府青連会員大会は、私たち北大阪YEGが主幹を担う令和4年度全国会長研修会の副主幹を担っていただく大阪府青連メンバーの皆様との絶好の交流機会となりますので、北大阪YEGメンバーの積極的な参加促進をおこなってまいります。
 総務委員会では、北大阪YEGの組織運営の基礎となる理事会等の諸会議を運営することから、会議の重要性が認識できると考えます。また、より良い会議運営をしていくための議論を委員会内でおこないつつ、メンバー同士の交流を深めていきたいと思います。

〔事業計画〕
1.定時総会・理事会等諸会議の運営
2.アジェンダシステムの管理および運営
3.議案書の書類精査および各諸事業の会計審査
4.理事セミナーの企画および実施
5.府青連会員大会の参加・企画および実施(11月)
6.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
7.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
8.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力

広報室
広報委員会

室 長 合田 裕実
委員長 安藤 勝範

 広報活動とは北大阪YEGの活動内容につき北大阪YEGメンバー一人ひとりが理解を深めるとともに、我々の活動をまだ知らない青年経済人をはじめ一般の方々にも認知していただく活動と考えます。昨今、情報技術の進展により、ホームページやSNSは日々目まぐるしく変化しております。我々の広報媒体もこれらの情報技術の進展とともにさらに洗練化し、魅力ある北大阪YEG活動を迅速かつ的確に内外に発信してまいります。
 情報発信のあり方も大きく様変わりし、行政や大手企業も積極的にSNS等を導入するようになりました。これらの情報発信の進展を我々の北大阪YEGホームページ (公式Facebook含む)内でも積極的に活用することで、北大阪YEGの魅力発信、各種例会事業の周知、動員率の向上等に努めてまいります。また、北大阪YEG写真館でもその利点を最大限に活用することで北大阪YEGの活動を迅速かつ的確に全メンバーに発信していきます。さらにこれらの広報媒体を活用し、全国のYEGメンバーにも北大阪YEGの魅力を伝え、全国会長研修会への取り組み等をアピールしてまいります。また青翔・部内報では、笑顔あふれる北大阪YEGメンバーの姿「愉しいYEG活動をより愉しく魅せる」をモットーに情報発信に努めてまいります。また、近畿ブロック大会(橿原)・全国大会(鯖江)を契機とし、各地YEGからの情報収集や意見交換を積極的におこない、令和4年度全国会長研修会の成功へと導いていきます。さらには、これらの委員会活動を通じて北大阪YEGに興味を抱き、その結果、一層の会員拡大に繋がるように尽力いたします。
 広報活動を通じて我々の活動に共感する青年経済人を増やし、さらには単年度に止まらない未来を見据えた姿勢で取り組み、「想像できる未来を超える」創造性に溢れる発信をおこなってまいります。


〔事業計画〕
1.北大阪YEG活動の事業告知および事業内容の迅速かつ効果的な情報発信
2.ホームページの運営・検証・提案
3.青翔の企画および運営
4.近畿ブロック大会(橿原)の参加・企画および実施(10月)
5.全国大会(鯖江)の参加・企画および実施(3月)
6.部内報の企画および発行(1回)
7.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
8.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
9.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力

全国会長研修会室
ZKK準備委員会

室長 亀岡 健太郎
委員長 難波 泰明

 長く続いた低成長時代から、ここ数年の大型国際スポーツイベントの開催、そして数年後にはIR開設・万国博覧会の開催が予定されるなど、関西は経済の潮目を迎えています。この北大阪YEGも令和4年度に大きな節目を迎えます。地域を愛する企業家の集団である我々はこの変革の時期に長期的な展望のもと、全国の仲間を迎え、おもてなしする準備を進める中で、この地域、そして我々自身の想像を超えた魅力を創造する必要があります。  我々北大阪YEGは、令和4年度に全国会長研修会(ZKK)を主管するという大役を担い、全国単会会長、次年度会長予定者、事務局、熱意ある会員の資質の向上と意識の高揚を図るための研修を無事に成功させる使命を背負っています。当委員会は、この好機を活かし、北大阪という地域、北大阪YEGの魅力を強く発信し、地域経済のさらなる発展に結びつけます。そのため、ZKKの成功に向けて全メンバーの結束を固めるべく、枚方オクトーバーフェスト2020や例会を通じてZKKの認知度の向上に努め、積極的な取組みに向けた機運を醸成します。6月に行われる全国会長研修会候補地現地視察においては、北大阪の魅力を存分に伝え、日本YEGから主管YEGとして承認していただきます。また、大分で行われる日本YEG第38回全国会長研修会に参加して認識を深めた上で、北大阪YEGの歴史、現状分析を踏まえ、未来を見据えた新たな価値・魅力を創造し、前年度から引き継いだ計画に北大阪YEGイズムを織り交ぜて、計画をより具体化し、次年度に継承します。さらに、志青会に参加・企画し、近隣単会との絆も深めます。  我々は、この1年を通じて全国の仲間を迎えるおもてなしの準備を進めることにより、北大阪YEGの団結力を高め、この地域、そして我々自身の魅力を創造し、地域経済の活性化を推進し、地域社会の発展に寄与します。 〔事業計画〕 1.令和4年度全国会長研修会開催に向けての全体事業計画の企画・立案、周知活動 2.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察の企画および実施(6月) 3.担当(志青会)例会の参加・企画および実施(2月) 4.全国会長研修会開催準備および事業構築のための現状視察の企画および実施(大分) 5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名) 6.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加

会員室
会員拡大親睦委員会

室 長 板津 正明
委 員 長 山下 裕

 我々は現在、全国でも屈指の会員数を誇る単会へと成長してまいりました。今後は、組織としてさらにステップアップしていくには、新入会員および入会年数の浅いメンバーとともに、創造力を膨らませながら事業に取り組むことで、年間を通して親睦が深まり、かけがえのない仲間をつくることで委員会が活性し、組織としてのさらなる進化に繋がると考えます。  全国屈指の大きな単会となったからこそ、全国に誇ることのできる会員力のある単会となることが必要です。そのためには、北大阪YEGの多くのメンバーがYEGに魅力を感じ、活動の愉しさを知ることで、YEGに招待したくなり、その結果、拡大に繋がると考えます。特に、新入会員や入会年数の浅いメンバーに1年間を通して、委員会が楽しかった、YEGに入会してよかったと思ってもらえるように活動していきます。また、スポンサーの方が、紹介して良かったと感じてもらえるよう、委員会内で新入会員へのオリエンテーション・フォローをおこない、親睦を深め、結果として事業全体を楽しんで活動するメンバーを増やしていきます。7月の新入会員との親睦事業では、新入会員の方にYEGの楽しさを感じてもらい、新入会員および入会年数の浅いメンバーの方がさらなる飛躍ができるような場とします。11月度例会は、人と人とのつながり、人の気持ちをわかることの大切さ、強固な輪を作ることの重要さを理解し、再認識できるような内容とし、結果としてYEGの魅力に気づいてもらえるような例会とします。  委員会メンバー一丸となり、新入会員および入会年数の浅いメンバーと交流を深め、YEGの魅力を知ってもらい、絆を深めることでのビジネスの発展、そして、想像する未来を超えることのできる北大阪YEGメンバーとなるべく委員会運営に尽力してまいります。 〔事業計画〕 1.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の企画・推進および実施(全体      目標60名) 2.新入会員との親睦事業企画および実施(7月) 3.担当例会の企画および実施(11月) 4.新入会員の育成および新入会員配属後フォロー 5.委員会内での新入会員オリエンテーション企画および実施 6.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加 7.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力
高橋浩明2

会員室
会員研修委員会

室 長 板津 正明
委員長 髙橋 浩明

 北大阪YEGは、ここ数年での会員拡大により日本YEG屈指の会員数を誇る組織へと成長してきました。拡大による発展を遂げてきた我々だからこそ、創造と工夫を重ねて進化していく組織でなければなりません。メンバー間の交流から、信頼と絆が生まれ、仲間同士の資質向上と自己研鑽の場となる委員会を構築することが、未来に繋がる北大阪YEGに変貌すると考えます。  会員研修委員会では、研修を通じて絆を深める架け橋となる事業を企画し、さらなる北大阪YEGの可能性を見出してまいります。6月度例会では、北大阪YEGメンバーのスキルアップや青年経済人としての資質向上を目的とし、一人でも多くの方に興味を持って参加していただける講師をお招きし、エネルギー溢れる個性の最大化を考えた自己研鑽の場となる研修を企画・実施し、個々のポテンシャルを高めることをめざします。12月度例会では、メンバーおよびメンバーのご家族にも満足していただける設えを用意し、思い出に残るクリスマス例会にしてまいります。そして、日々の感謝を表すとともに、北大阪YEGの素晴らしい活動内容を伝えることで、YEG活動に対するご理解を得られる場といたします。委員会活動において、北大阪YEGメンバーがどのような研修を受けたいと考えているのかをしっかりと分かち合い、積極的に提案や進言をおこなえる行動力、組織・地域から必要とされる人や団体となるべく未来に繋ぐ創造力を持って、共に研鑽し合える委員会を構築していくように努めます。  これらの取り組みを通じて、急成長してきた我々のさらなる進化に向かって、個々の資質向上が組織力の向上に繋がると信じ、これからを支える次世代の仲間たちとともに、活気溢れる魅力的な組織づくりができるように活動してまいります。 〔事業計画〕 1.担当例会の企画および実施(6月) 2.担当クリスマス例会の企画および実施(12月) 3.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名) 4.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加 5.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力
田中丈浩2

交流室
ビジネス交流委員会

室 長 河本 賢一
委員長 田中 丈浩

 ビジネス交流委員会は北大阪YEGのスケ-ルメリットを最大限に活かし、次世代の地域経済を担うメンバーの相互研鑽を行います。地域経済の発展と貢献をリ-ドする企業経営者が創造力を発揮し活躍できる場を設け、ほかにはない北大阪YEGの魅力や可能性を感じていただき、メンバー間交流を通じて仕事や情報の共有をおこない、自企業の発展と活力のある地域経済の実現に向けて取り組んで活動してまいります。
 自企業と地域経済の発展を担う我々は、人間力やリーダーシップが必要とされています。ビジネスを拡大していく上で、交流は必要不可欠であると考え、本年度ビジネス交流委員会では、事業後の懇親会に至るまでを事業の一環と捉え、一人でも多くのメンバーと語り合える機会を作ります。5月度例会では、「人となりから繋がるビジネス」を重きに捉え、北大阪YEGメンバーに人となりとビジネスの繋がりが感じられる講師例会を開催し、メンバーであることの魅力や喜びを五感で感じられる例会・懇親会にします。この学びを活かし10月度例会では、日本YEG屈指の会員数である北大阪YEGのスケールメリットを最大限活かせるように、より多くの仲間と交流が図れるような設えを通じ、協力し合うことで想像を超える未来が創造できる例会をおこない、懇親会にも全力を注ぎより多くのメンバーに参加いただき、今後のビジネスチャンスや人脈が広がるように模索してまいります。枚方オクトーバーフェスト2020ではメンバーと共に、積極的な動員を呼び掛けYEGメンバーであることの楽しさや地域貢献の素晴らしさを周囲にも伝え、構築・参加いたします。
 これらの事業を通じてメンバー同士の絆を深め、北大阪YEGがより活発化し、自企業の発展、さらには地域経済への貢献へと繋がり、地域社会からも必要とされ活力と魅力のある創造力をもって活動ができるビジネス交流を創ってまいります。

〔事業計画〕
1.担当例会の企画および実施(5月)
2.担当例会の企画および実施(10月)
3.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
4.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
5.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力

樫百合子2

交流室
組織活性委員会

室 長 河本 賢一
委員長 樫 百合子

 組織活性委員会は北大阪YEGの組織を活性化することを目的とし、諸先輩方が築き上げた歴史と伝統を受け継ぎ、そして次世代に残る魅力ある組織創りをおこなっていきます。私たちは北大阪商工会議所の一翼を担う活動を通じて、北大阪YEGの組織を最大限に活かすための2つの大事業を見据えた取り組みや北大阪商工会議所との密な連携をはかり、より活力のある地域経済の実現に向けて活動してまいります。
 毎月開催する組織活性化プロジェクトは60回を超えました。長期に引き継がれた意見交換の場に各委員会の垣根を超えて参加していただくことで、北大阪商工会議所との有意義な意見交換を積極的に交わし、3市合同のスケールメリットを活かした、自企業の発展や地域活性に繋がる事業を模索してまいります。また、北大阪商工会議所のさまざまなサービスをメンバーに紹介していくためにSNSや例会などの場でサービスの理解が深まる設えをおこなっていきます。7月度例会では日本YEG屈指の会員数を誇る大きな組織の中で、YEG活動の意義やYEGの魅力など、青年経済人としての成長や気づきと学びができる例会を実施してまいります。3月度の納会例会では一年間の事業報告を共に邁進してきたメンバー同士と称え合い、そして卒業していく諸先輩方の軌跡をねぎらえる例会を実施してまいります。枚方オクトーバーフェスト2020の構築・参加は組織の活性化に結びつくため、積極的に参加をおこないます。また、会員拡大親睦委員会と連携をはかり、北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大を実施し組織活性に繋げてまいります。
 大きな組織になった北大阪YEGの中でまだ例会や事業に参加していないメンバーなどに組織活性化プロジェクトやさまざまな例会、枚方オクトーバーフェストなどに参加していただくことで北大阪YEGの組織活性に繋がるように邁進してまいります。

〔事業計画〕
1.商工会議所組織活性化プロジェクトの共同開催(月1回)
2.担当例会の企画および実施(7月)
3.納会例会の企画および実施(3月)
4.メンバーへの北大阪商工会議所サービスの利用促進の実施
5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
6.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
7. 令和2年度全国会員研修会in北大阪現地視察への協力

未来提言会議

議 長 柿丸 裕
副議長 角 隆幸

 渋沢栄一翁は「企業は社会の為にある」と述べたように、北大阪YEGは地域企業のためにあり、その北大阪YEGが地域において不動たる地位を築き、活動を邁進させるには我々YEGメンバーが実現可能な未来を提言し、一歩一歩前進していくほかありません。未来を提言するということは地域の課題解決や経済の活性化の視点から見ても、より成果が期待でき、当会議体の存在意義そのものであると考えます。
 まずは提言をするにあたり北大阪YEG中期ビジョンの周知・共有は絶対条件であります。そこで昨年の提言委員会で実施したアンケート結果をふまえたビジョン・提言の概要を例会や新入会員オリエンテーションなどで説明していきます。また、北大阪YEG理事会においても提言についての進捗報告はもちろんのこと、短時間で成果の上がるビジョン周知を行い理事メンバーの先進性向上に努めてまいります。そして、周年事業・全国会長研修会が行われる令和4年までを一つの区切りとして、ロードマップを完成させるとともにそれに沿った形での提言の準備を進めてまいります。さらにその企画・立案をより実現性の高いものしていくために北大阪商工会議所との共有、意見交換の場を設けることも非常に重要と考えています。また、刻々と変化する時代の中、未来の提言活動に即した例会を行うことで官民連携はもとより北大阪YEGとして3市の課題創出の一助にするべく構築していきます。そして北大阪商工会議所の意向・北大阪YEGの方向性・各市の課題を融合し提言にむけての本格的な企画・立案を進めてまいります。また未来の提言を担う人材に日本YEG主催政策提言勉強会への積極的な参加をしていただき、地域と国のベクトルの違いについても学び、共有することで視野の広い人材を育成してまいります。
 これらの取り組みを通じて各メンバーの自企業の繁栄や地域経済の発展の支えとなることは間違いありません。そして北大阪YEGのスケールメリットを活かして議会の活性化に繋げていくことに挑戦し、想像できる未来を超えてまいります。

〔事業計画〕
1.40周年への提言に向けてのリサーチ・企画・立案および運営
2.北大阪YEG中期ビジョンおよび提言活動の周知・共有推進
3.担当例会の企画および実施(8月)
4.日本YEG主催政策提言勉強会への積極参加
5.北大阪商工会議所会員増強を見据えた積極的会員拡大の推進および実施(5名)
6.枚方オクトーバーフェスト2020構築・参加
7.令和2年度全国会長研修会in北大阪現地視察への協力