会長あいさつ

 

 私が青年部に入会しましたのは、 平成19年度、ちょうど8年前の5月でした。 その頃の青年部は 100名前後の会員数であり、例会は30名ほどの出席。委員会に至っては委員長、副委員長と私の5、6人での委員会という事も多々ありました。少ない人数でしたが、それがまたメンバー全員とすぐに仲良くなり、少ない人数なりに良いこともあったと思います。しかしながら少ない人数では事業を行うこと自体に無理があり当時から理事のメンバーは苦労されていたと思います。それから8年がたち平成27年度4月現在、会員数 236名でのスタートとなります。これだけ多くのメンバーを引っ張っていく会長という役職を担う機会を頂いたことに、重い責任感と、そしてワクワクする自分に胸が高鳴っております。

 

 会長を拝命するにあたり、何できるのだろう?と考えました。これだけのメンバーがいるのだから、青年部発信で何か大きいことを、北大阪が日本一だと胸を張って言える事をやれるんじゃないか?と思いました。しかし、大きいことをやるためには、この青年部が、まずは、しっかりと団結していなければなりません。ところが、実はこの多くのメンバーの 7 割以上が入会3年未満のメンバーだという事が現状です。そして商工会議所の一翼を担う青年部であるはずが、私を含めて商工会議所本会の事を知らなさすぎる事に気づきました。今の青年部がダメだとは言っておりません。しかし、さらに高みへ、私は来るべき近い将来、青年部発信で日本一を目指す事業をも行える団体として、まずは今年度、商工会議所本会の事を知り、そしてメンバー同士のことをもっと知る。そして団結した団体へと成長する基礎固めの年にしたいと思います。
 また、本年度はありがたいことに、念願の青年部の部屋をこの会議所内でお借りすることが出来ました。この場をお借りしまして、北本会頭を始め役員の皆様、そして田中専務を始め職員の皆様にはお礼申し上げます。部屋をお借りできるということは、私は一定の評価もいただいていると思いますが、それ以上に青年部に対して大きな期待をして頂いていると解釈しております。これからの我々の行動で示していく必要があると感じております。

 

本年度スローガン「勇往邁進」未来(ゆめ)を創造し、共に創る これは、堂々と、そして臆することなく、メンバー全員で、未来へと続いていき、近い将来のゴールとして地元地域がそして青年部が日本一になる団体へと共に成長していきたいという思いで掲げました。 
近い将来日本一の青年部になり、そしてそれが日本一の商工会議所に、枚方、寝屋川、交野は日本一だと、そうつながるよう。そんな思いで本年度はしっかりとした基礎固めをしていきたいと思います。どうか皆様、我々北大阪商工会議所青年部に益々のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

平成27年4月24日
北大阪商工会議所青年部
会長 外村 淳