委員会

ビジネス交流委員会

ビジネス交流委員会委員長 加藤秀継

 ビジネス交流委員会は事業目的が「ビジネスの交流」に特化した唯一の委員会です。会員数が350名を超える組織となり、今まで以上に多くのメンバー同士が日々のYEG活動の中で交流し、そこに新たなビジネスチャンスが生まれる、そのような事案を1件でも多く創出させるためには委員会としてどのような事業を遂行していかなければならないかを考え実行することで会員及び会員企業の発展に繋げていけるように活動してまいります。
 6月度例会はビジネスに活かせる交流術を学ぶ例会とします。北大阪YEGが秘めるビジネスの場としてのポテンシャルを顕在化させるために、どうすれば新しいビジネス交流が生まれるかを追求し、メンバー間でのビジネス交流を活性化させるスキルを身に付けます。11月度例会ではその学びをより現実的なビジネス交流へと発展させていく例会とします。参加者が発言し、対話の中からお互いのビジネスをより深く知る機会を創出することで新たなビジネス交流を生み出し、地域経済発展につながることを目指します。2回の担当例会をこのように関連付けることにより、単発の事業では得られないより高度な知識と経験の取得を実現します。日本YEG全国大会への参加については、全国各地のYEGメンバーとの交流と研鑽を通じて自己成長と自企業の発展へとつなげます。開催地の文化、経済に触れ、豊かな郷土づくりのための提言活動の気付きを持ち帰るべく、より多くのメンバーの参加を促します。会員拡大については、志を同じくするメンバーの拡大が地域を支える基盤づくりであると捉え、共に進む仲間へと積極的に迎え入れます。
 これらの事業活動を通じて、当委員会は北大阪YEG内のビジネス交流を先導するべく活発に活動していきます。北大阪YEGがより活性化し、地域経済の発展に寄与でき、地域からもメンバーからも必要とされる魅力的な存在となるよう、メンバー一丸となり全力で邁進してまいります。

 

人材育成委員会

人材育成委員会委員長 堀之内將次

 北大阪YEGは、350名を超える組織となり、オクトーバーフェストの開催や平成34年度全国会長研修会の招致活動などますます存在感を増しています。これからの北大阪YEGには、YEGメンバー自身が行政や地域、諸団体から注目されいているという意識を持ち、YEG活動はもとより青年経済人としての実力と行動力が求められると考えます。これらの役割を担うことのできる人材を育成し、地域や社会、北大阪商工会議所および他単会から必要とされる北大阪YEGとなるべく、我々は活動してまいります。
 人材育成委員会では、平成30年度スローガン『「VISION」必要とされるYEGへ共に考え、共に歓び、共に進もう!!』を念頭に、YEGメンバーが成長するために必要とされる委員会として取り組んでまいります。5月度例会では、YEGメンバーが各々のスキルアップや青年経済人としての資質向上、そしてその先にある企業の発展を目指します。講師選定においては人脈や情報を駆使し北大阪YEGのメンバーであることのメリットを感じられる講師に講演を依頼し、一人でも多くのYEGメンバーに参加してもらえる例会を企画・実施いたします。新入会員オリエンテーションでは、過去数年の事業を委員会で見直し、評価と内容の良かった事業をさらに良い事業へと進化させていくことが大切であると考え企画・実施いたします。また、新入会員が一人でも多く委員会や例会に参加しやすくなるような仲間作りのサポートをしてまいります。志青会では、平成30年度の主幹単会として他単会と連携しながら積極的に交流を行ってまいります。主幹単会として他単会を先導することで自ら成長し、青年経済人としての気づきを築くことができると考えます。
 会員拡大やオクトーバーフェスト2018への積極的な参画を含めた年間事業を通して、その先にある北大阪YEG創立40周年、全国会長研修会へと、北大阪YEGが輝くために必要な人材を育成し、さらに魅力のある組織へと進化できるように委員会メンバーが一丸となり楽しみながら邁進してまいります。

 

会員拡大親睦委員会

会員拡大親睦委員会委員長 大野淳子

 北大阪YEGは会員数350名を超える団体であり、その事業活動は諸団体からも注目される存在となりました。その原動力となっているのはメンバーの拡大による組織の力です。「数は力なり」と言われるように、組織にとって規模の拡大は大切です。拡大によって迎えた新たなメンバーも自企業の発展や自己の成長の輪に加わっていただき、組織の力をさらに強め、さらなる拡大の輪を広げていきます。
 会員拡大親睦委員会は、これまでの北大阪YEGが取り組んできた積極的な会員拡大活動を継続しつつ、新入メンバー・既存メンバー・理事メンバーの垣根を超え親睦を深めるよう委員会が中心となり取り組みます。会員拡大親睦委員会の最初の事業である4月の総会旅行では、平成30年度のスタートに相応しい事業にしたいと考えています。総会旅行をとおして参加者同士の更なる親睦が深まるような事業にいたします。8月度例会では、メンバー参加型の団結を意識した、新入会員を中心にした企画で実施することにより親睦を深めていただきます。8月までに入会された新入メンバーと既存のメンバーがお互いを知る良い機会になります。12月度例会ではメンバーもご家族の皆様にも満足してご参加いただける企画を考えます。北大阪YEGの一員として活動している事業の素晴らしさをメンバー自身が実感でき、さらにご家族にも誇らしいと感じていただける心に残るクリスマス例会にいたします。担当事業を通じ、会員拡大を念頭に北大阪YEGメンバーの親睦が深まることで、一層魅力ある組織になると考えます。
 多くの新入メンバーを迎え入れることができるように活動し、本年度スローガンを全うするための支えとなれるように尽力します。メンバー同士が親睦を深めることにより、YEGの愉しさや素晴らしさを感じていただくことが、会員拡大に繋がると考えています。

 

組織活性委員会

組織活性委員会委員長 常 隼人

 北大阪YEGは会員数350名を超える大きな組織へと成長しており、その大きな組織を最大限に活かすためには個と組織の一体感が最大の課題であります。これまで築いてきた本会との組織活性プロジェクトでの信頼関係を基軸とし、各委員会との連携をはかり、一人ひとりが主体性をもって提案や要望を伝えられる環境を調えます。組織の団結力を深め、必要とされる組織となり、さらに本会との懸け橋となるよう活動してまいります。会員数が年々増えるという事は、組織として最大限の可能性を力にかえていき、共に高みへと歩んでゆけるものだと考えます。今後もさらなるメンバーの増加が予測されるなか、本会サービスの利用促進においては、情報配信の円滑化を考え、多くのメンバーに周知する体制を構築してまいります。組織活性化プロジェクトでは、組織活性を図る継続的な活動を目指して、実現する「創造力」のある提案をおこなってまいります。未来創造会議と連携をはかり、政策提言活動の場づくりと、各委員会をつうじてメンバーからの新たな発想の掘り起こしをおこない、多角的な意見をもとに質問や要望を伝え、モチベーションの向上と自企業の発展、そしてビジネスチャンスに繋がるように進めてまいります。7月の担当例会では北大阪商工会議所の諸部会と合同例会を開催し、本会とYEGとのさらなる組織活性に向かう合同例会を開催します。12月の本会職員との交流事業では相互理解を深め、今まで以上に連携を醸成できるように企画・実施してまいります。会員拡大においても、我々青年経済人・経営人としての輪が広がり、相談のできる同志が増え、自企業の成長、発展、ビジネスチャンスに繋がるものだと確信し、積極的に活動してまいります。以上を通して、メンバー間の共通意識を深め、情報の円滑化を進め、この地域に広がるビジネスチャンスを集約し共有できることが組織活性に繋がると考え、スローガンである「VISION」必要とされるYEGへ共に考え、共に歓び、共に進もう!!を念頭に、一人ひとりが未来像、展望を見いだし、歓び、進めるよう活動してまいります。

 

広報委員会

広報委員会委員長 松井良介

 広報委員会には大きく二つの役割があります。一つ目は一人でも多くの方に北大阪YEGという団体を知ってもらい、興味を持ち共に活動してくれる青年経済人を増やすことです。二つ目は北大阪YEGメンバー一人ひとりが北大阪YEGについての理解を深め、共に研鑽する仲間を作り会員間ビジネスに繋げるための一翼となることです。日々の活動を正確に記録し、ホームページやSNS、青翔等を活用して我々の魅力を積極的に内外へ情報発信してまいります。
 現在、北大阪YEGの活動を伝える広報媒体は3通りあります。青翔では、北大阪YEGメンバーのみならず北大阪商工会議所会員等へYEG活動の報告を情報発信する場としての役割、北大阪YEGホームページ(公式Facebook含む)では、各地YEGメンバーや北大阪YEGに新規加入検討中の方、一般の方が見ることの出来る唯一の広報媒体としての役割、北大阪YEG写真館では、メンバーへ迅速かつ的確に情報配信が出来、コメント欄の活用により一方通行の配信ではなくメンバー間で交流できるツールとしての役割があると考えます。このような各媒体のメリットを生かした発信と配信をそれぞれリンクさせることにより、対外向け・対内向けという両側面どちらにも重点を置いた広報活動が可能であると考えます。北大阪商工会議所会員や各地YEG、地域の皆様に北大阪YEGの活動を幅広く知っていただくことで、北大阪YEGに興味を持たれ、その結果一層の会員拡大につなげるように取り組みます。9月度例会では3年目を迎えるオクトーバーフェストを前に北大阪YEGメンバーが集い、積極的に参画し、より盛り上げることにつながる企画を、また3月の例会は1年を締めくくるにふさわしい納会を企画・実施してまいります。
 北大阪YEGメンバー一人ひとりが北大阪YEGの「VISION」について考え、向き合い、模索していけるための情報配信であり、北大阪YEGメンバーの熱き想いを内外に発信し、今後の北大阪YEGの発展に寄与できる広報委員会でありたいと考えます。

 

総務委員会

総務委員会委員長 伊藤幸子

 組織強化の「扇の要(かなめ)」となるよう総務委員会は積極的に取組んでまいります。組織運営の効率化をより進めていくために議案上程と閲覧の簡素化をはかり全てのメンバーに対し情報の共有できるシステム構築及び周知徹底を実現していき、また理事会等の諸会議や各事業の円滑な運営サポートをおこなっていくことで北大阪YEGのより強固な組織力の発展を促し、組織の要として活動してまいります。
 定時総会は新しい事業年度の第一歩となる重要な会議です。メンバーの皆様にとって権利を行使する大切な機会であるとともに、北大阪YEGを構成する会員としての義務の履行の場でもあります。そのため、定時総会の設営・運営は会則等諸規定に則り厳粛に取り組んでまいります。理事会等諸会議においては、従前より活用しておりますアジェンダシステム、アーカイブシステムを活用発展させることで円滑な会議運営を実現していきます。定時総会ならびに理事会等諸会議の設営・運営は形式を大切におこないますが、新春例会は柔らかい発想で新年を華やかに彩る設えを企画してまいります。新春例会はご来賓をお迎えする事業です。また次年度理事役員予定者の紹介もおこないます。新春例会を通してご来賓、メンバーの皆様に北大阪YEGの活気を存分に体感していただくことが、今後の北大阪YEGの更なる成長につながると考え、責任をもって企画・運営を進めていきます。オクトーバーフェスト2018への参画、会員拡大においても、組織の強化を担う気概で、積極的かつ自発的に取り組みます。
 1委員会約40名の構成となる本年度の委員会。例年以上に委員会内での交流は深まり強固な結束を生むことができます。委員会メンバー一丸となって『共に考え、共に歓び、共に進んで』本年度事業に臨み、北大阪YEGの未来を明るく拓いていきたいと思います。